運転免許は一発合格で

約14日で運転免許が取得できる学生向けの合宿免許は、教習料金はもちろん、往復交通費や宿泊費、食事代、損害保険などが含まれたセット料金で20万円程度となっており、自動車教習所での運転免許取得より5~10万円は安く済みます。

学生の場合は学割のほかに、早く申し込めばお得になる早割りや、数名のグループで申し込めば安くなるグループ割引などもあるので、できるだけ学生のうちに合宿免許で取得しましょう。ただし、合宿免許に記されている「最短卒業日数」とは、オーバーなしで技能教習が進め、修了検定と卒業検定が1回で合格した場合のことをいいます。オーバーや不合格になった場合を考えると、余裕を持った日程で入校するといいでしょう。ちなみに各合宿免許施設では入校日ごとに予約数に限りがあります。学生の長期休み期間は予約が増える為、出来るだけ早く予約をしておきましょう。

合宿免許では、入校日ごとに予約数の上限があります。学生の夏休み、春休みには多くの予約が集まるため、お得なプランに申し込むには最低でも入校日の2〜3ヶ月前に申し込みましょう。夏休みの8月に申し込む場合は6月、春休みの2月に申し込むには11月には申し込みを済ませておきましょう。

また合宿免許でも、自動車教習所に通学しての運転免許取得にしても、教習所を卒業後は住民票がある都道府県の運転免許試験場での本試験(学科)を受験し、合格後に晴れて運転免許の取得となります。友だちやカップル、グループでの楽しい合宿免許も、勉強はしっかりしていないと、本番で受かりません。なかなか受からずに本試験を何度も受けるという人もまれにいます。

せっかく免許合宿で学割を使い少しでも安くすませたのに、本試験で何度とお金を払うのは本末転倒。
全ての試験を一発合格するつもりで挑んでいると、余計な出費がかからないことは確かです。

免許合宿で運転免許

地方都市や田舎での合宿免許取得は授業料と宿泊が全てセットで20万円と、自動車教習所での運転免許取得より安くすみます。とくに学生は学割がきき、多くの施設がさらに5000円割引のキャンペーンを行っています。さらには学生の友だちと一緒の参加でプラスの割引があるなど、学生中に合宿で運転免許を取得すると20万円未満も可能となります。

2週間で集中して運転免許取得に向けた勉強をするため、知識が定着しやすく、運転技術も身体に染み込みやすいといったメリットもあります。自動車学校で運転免許を取得する場合は、立地の良い場所になると、思うように講習の予約を入れることができず、スケジュールが合わずに集中的に通うことができなくなり、追加料金がたくさんかかったというケースもよく聞きます。学生の場合は、両親や祖父母から免許取得代をもらえる人も多いでしょう。またアルバイトで一生懸命に貯めて取得する人もいるでしょう。
そんな大切なお金を少しでも安くすませたいなら、合宿での運転免許取得はおすすめです。

長期休みのある学生のうちに参加して、合宿所で友だちをつくったり、仲の良い友だちと旅行感覚で2週間の合宿生活を楽しんだりしてみてはいかがでしょうか。

運転免許を安く取る

自動車教習所で運転免許を取得するには、25万円~30万円の費用が必要になります。簡単に払える金額ではないため、学生や収入の少ない人にとっては大変な負担になります。しかし、運転免許がないと就職活動に差し障りがあったり、仕事ができなかったりすることもあり、できるだけ社会人になる前に取得しておきたいものです。

昔はマニュアルとオートマティック(AT)の両方を取得するのが一般的でしたが、昨今は大型車やバスなどのマニュアル専用車を乗る以外には必要性がないため、ほとんどの人がAT限定の運転免許を取得し、その分の料金が1~1万5000円低く、授業も3時間ほど少なく設定されています。なお、AT免許取得のあとにミッション免許が必要になった場合も、プラスの料金と4時間程度の実習を受ければ取得できるそうです。そういった意味でも、始めは料金と時間が短縮できるAT限定免許を取得しておくことをおすすめします。

もう一つ、免許を安く早く取得するための決定的な方法は、合宿免許に行くこと。合宿免許は、2週間ほど宿泊施設に滞在しながら、集中的に運転技術と道路交通法を学びます。まとまった期間で一気に勉強するため、大学生やフリーターなどに人気。また合宿は時期や場所によりますが、運転免許取得までの費用は20万円程度と、自動車教習所に通うよりは5~10万円も安くなり、期間も早く取れます。合宿免許は学生割引を行っているところも多く、多くが5000円割引を実施しています。さらに学生の友だちと一緒の参加で5000円割引になり、合計で1万円引かれるといったケースも多いようなので、とくに学生は合宿免許がおすすめです。

運転免許取得の費用を安くする方法について